1. ホーム
  2. ≫引越し費用を3万安く抑えるための引越し7ステップとは

引越し費用を3万安く抑えるための引越し7ステップとは

Pocket

引越し代が1年で一番高い時期はご存知ですよね?

 

言うまでもなく、3月です。
3月最終週の土日は、ビックリするぐらいの値段です。

 

安い月と比べると3倍とも5倍とも言われています。

引越しする月によって大きくことなりますが、それでも引越し費用は出来る限り安くしたいもの。

安くするための交渉術をお伝えしますが、何事も、準備がすべて。

 

引越し前の準備で費用が大きく変わります。

 

下記の7つをしっかりと決めて、それから引越し業者に見積もり依頼を行いましょう。

 

目次

1.引越し費用を安くするための7つのステップ

1-1.引越し日

1-2.引越し作業の時間

1-3.引越し荷物の量

1-4.引越しプラン

1-5.見積もりの依頼方法

1-6.引越し業者と費用の交渉術

1-7.引越し業者を選定する基準

2.まとめ

 

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]1-1.引越し日[/memo_h4]

引越しする日を決める事がまずは一番大事です。

 

平日、土日、祝日

 

この3つで費用が変わります。

 

平日 < 土 < 日 = 祝日

 

右に行くほど高くなります。

一番安く済ませたいなら、平日です。
でも、平日に引越し作業が出来る人って結構限られています。
有給取らないとダメっていう人も多いですよね。

 

そのため、必然的に、土曜日、日曜日になってきます。

土曜日と日曜日を比べると、土曜日の方が高い時もあります。

 

この当たりは、ほぼ変わらない!と思った方がいいぐらいです。

 

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]1-2.引越し作業の時間[/memo_h4]

 

指定なし、午前中、午後、夕方

 

この3つでまた費用が異なります。

 

指定なし < 夕方 < 午後 < 午前中

 

右にいくほど高くなります。
やっぱりみんな考える事は同じ。

 

午前中に今住んでいるところを出て、夕方には、新居で引越しを終わらせたい!と思うものです。

 

一番安いのは、指定なしです。

 

引越し業者からは、だいたい◯時ぐらいになりそうです!と言われる事があるかもしれませんが、ほぼあてになりません。。。

前の引越しが終わってから来るので、時間が読めません。
安く済ませるために、依頼したけど、夕方5時に来て引越し作業開始・・・

終わったのは、夜10時過ぎ。

 

という事例も・・・

 

逆もあります。

指定なしにしたら、いきなり朝8時に電話がかかってきて、あと10分ぐらいで到着します。

慌てて、化粧もせず、引越し作業が開始された。。。

という事例も・・・

 

安くしたいけど、その代償もありますのでご注意を。

夕方は、どこかが終わってからくるパターンです。

 

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]1-3.引越し荷物の量[/memo_h4]

 

大きな家具・家電のみ ⇒間違いです。

 

安くするには、荷物を減らす事が大事とよく引越しサイトに書いてありますが、あまり関係ありません。

 

引越しする時は、トラックにどれぐらいの量入るのか。
そのための基準として、段ボールになっています。

 

2tトラックなら段ボールが◯◯個入る

 

という感覚を引越しの営業担当者は知っています。

 

そのため、段ボール◯◯個ぐらいですね〜
という話しが絶対出てきます。

 

2tトラックなのか、4tトラックなのか。
あとは、引越し作業員の人数です。

 

4tトラックなら、3人ぐらいいないと早く終わらないな。
2tトラックで、この段ボールの量なら2人で十分かな。

という算段をしています。

 

見積もりは、一度、家の中にあるすべてのもので出しましょう。

多少、冷蔵庫を自分で運んだぐらい、そんなに値段が変わらない事を実感します。

 

閑散期だと余計にそうですよ。

 

それでも多くの人は、自分たちで運べるものは運んで、大きな家具、家電だけを依頼します。

確かに安くなるかもしれませんが、自分たちが動いた時間、手間とその安くなる金額を一度でも良いので、比較した方が良いです。

 

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]1-4.引越しプラン[/memo_h4]

 

1. 荷造り、荷解きは自分で行う

2. 荷造りは引越し業者にお願いする

3. 荷造り、荷解きも引越し業者にお願いする

 

大きく分けて、3つのプランがあります。

基本は、1番のプランを選ぶと思います。
自分たちで梱包して、搬出と搬入だけを引越し業者にお願いするプランです。

 

もし、閑散期と呼ばれる5,6,10,11月に引越しをするなら、2番または、3番も聞いてみることをオススメします。
意外と、思ったほど、1番と差が無かったりする事が多いんです。

 

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]1-5.見積もりの依頼方法[/memo_h4]

 

一括見積もりサイトが一番安く交渉出来ます。

 

引越し業者に、一括見積もりサイトを使っている事がわかるからです。

比較される事が前提で、どうやって、お客さんから受注するのか。

 

そのために、値段は大きな決定要因です。

 

3社〜5社ぐらいを比較するのが一番効率良く、値段が下がります。

それ以上ですと、対応に時間が掛かり過ぎることもあり、少し手間だと感じます。

 

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]1-6.引越し業者と費用の交渉[/memo_h4]

引越し業者は、必ず、下記2点を聞いてきます。

 

■引越し業者の名前
■他社の見積もり金額

 

この時は、実際に見積もり依頼しているところと金額を正直に答えましょう。
法外な見当違いの金額を出していると、正直バレます。

 

毎日、何年も引越し事業を行っているので、おおよその相場観は担当者も掴んでいます。
毎回、比較されているワケですからね。

 

意外と、ここに気づかない人たちがいます。

 

ウソ付いているのがバレると、対応があまり良くないですよ。
もうこのお客さんはいいかな〜と思われることもありますので、ご注意を。

そうなってくると、安いけど、乱暴な扱いをする引越し業者さんしか残っていない可能性が・・・

 

<引越し費用を安くする交渉術は大きく3つ>

    [point_m color=”pink” no=”1″]交渉術その1[/point_m]

自分たちの予算を伝える

 

    [point_m color=”pink” no=”2″]交渉術その2[/point_m]

即決するから安くして

 

これしかありません。

 

他は今すぐ断るので、ここから3万円負けてください!

とストレートに話をするのが大事です。

 

駆け引きがないように見せて、実は駆け引きをしているという交渉術です。

 

引越し費用の基準は、下記の業者を基準に考えましょう。

 

サカイ引越センター

 

大手の中では、一番安いです。

 

この価格を基準に、他社と交渉しましょう。

 

もちろん、サカイ引越センターは、交渉するとさらに安くなります。

 

    [point_m color=”pink” no=”3″]交渉術その3[/point_m]

引越し業者を一気に集めて、その場で同時見積もり依頼

 

引越し業者を一気に集めて、その場で交渉します。

 

他社がいくらか、筒抜けになりますが、それが醍醐味です。

あまりこの手法を取る人はいません。
引越し業者も嫌がりますからね。

 

私は、冷酷に業者と交渉出来る!という人は一度実践してみてもいいかと思います。

これを伝えると参加しない引越し業者さんも出てきます。

 

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]1-7.引越し業者の選定基準[/memo_h4]

1.安くしたいけど、大手にお願いしたい
2.安くしたいけど、質もそれなりに重視したい
3.安くしたいので、業者はどこでも良い

 

大きく3つの基準があります。

 

選定するには、明確な基準が必要です

 

■大手じゃないと
■価格が安いのが一番

 

譲れない部分を決めることが大事です。

 

    [point_m color=”orange” no=”1″]大手じゃないとダメ![/point_m]

 

基本、大手で一番安いのは、サカイ引越センターです。

 

大手の中で価格交渉をするには、サカイさんを引き合いに出してどこまで他の会社を下げさせる事が出来るか。

サカイ引越センターと同じ費用が出せるところはまず少ないです。
もし、同じ費用だった場合は、即決してもいいぐらいです。

 

サカイ引越センターさんが悪いという意味ではありません。

 

当サイトの人気ランキングを見ると、サカイ引越センターさんよりも、アリさん、アートさんの方が上です。

 

    [point_m color=”orange” no=”2″]安くしたいけど、質もそれなり[/point_m]

 

こうなってくると、基本は、中規模クラスの引越し業者です。

 

■ハート引越センター
■アーク引越センター

 

こういった会社です。

関東のみ、関西のみで営業している会社です。
だからといって、全国の引越しをしていないワケではありません。

 

営業拠点がどこにあるか、という事です。

 

中規模クラスでもいい引越し業者はあります。

 

口コミを見る事も大事ですが、会って話をする事が一番大事です。

営業マンの雰囲気やコールセンターの対応でかなりわかります。
メールだけで選別しないようにしましょう。

 

    [point_m color=”orange” no=”3″]安くしたいので、業者はどこでも良い[/point_m]

 

この場合、一番安いのは、赤帽です。

 

赤帽は、FC(フランチャイズ)なので、質がバラバラです。

安かろう、悪かろうということを前提にお願いしましょう。
何かトラブルがあってもなかなか対応してくれないところもあります。

 

まとめ

 

引越し日  
引越しの時間  
引越しの荷物の量  
引越しプラン  

 

これを再度確認して、見積もりをお願いしましょう。

 

<一番安く抑えるプラン>

引越し日  平日
引越しの時間  午後の指定なし
引越しの荷物の量  大きな家具、家電のみ
引越しプラン  荷物の搬出・搬入のみ

 

 

これです。
ただし、終わる時間も夜遅くなるので、次の日大変ですよ。

 

<一番オススメプラン>

引越し日  平日
引越しの時間  午前中
引越しの荷物の量 すべて 
引越しプラン 荷物の搬出・搬入のみ 

 

安く、でも作業時間も考慮した!さらに引越し費用も抑えたいプランはこれです。

 

Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

引越しをご検討中の方は、相場や見積りを確認してみましょう!

一括SUMO引越し見積もり 引越し一括見積もりで相場を確認!
電話番号の入力なし!!
大量の電話がかかってくる、ということがありません。
SUUMO引越し見積もりでは、引越し業者最大30社の中から相場の確認や優良業者への一括見積もりが出来ます。

お住まいな地域の優秀な引越し業者が見つかります。
SUMMO引越し見積もりでは、引越し業者の口コミも掲載されていて一目瞭然
引越し、荷造りに関する相談・見積もりをご希望の方は、こちらからお申込みください。
引越し業者を比較する

ーーーーー比較出来る引越し業者ーーーーー

SUMUMO引越し業者ロゴ