1. ホーム
  2. ≫段ボールのワナ!荷物を入れるだけと思ったら大間違い!!

段ボールのワナ!荷物を入れるだけと思ったら大間違い!!

Pocket

引越しの時には、必ず段ボールが必要ですが、下記2つのパターンがあります。

  • 自分で用意する
  • 引越し業者が用意する

キャンペーンの時は、引越し業者も無料でくれたり、もともと無料でくれるところもあります。
もちろん、有料のところもあります。

あと、よくある事ですが、忙しくて、家に営業マンを呼んで、見積もりをしていない場合、

段ボールが足りない!

という事が良く起こります。

それは、営業マンが実際に荷物の量を見ていないので、見積もりをお願いした人にも責任があると言えばあります・・・。

送ってもらうにも引越し日までに間に合わない。。。

なんてことも良く起こります。

そのため、近くのスーパーやコンビニに走って、段ボールをかき集めることも。

こういった事を防ぐためには、

[point_box1 color=”pink”]事前に、営業マンに家の中を見てもらって見積もり依頼をする
荷造り作業は、10日前までには、ある程度終わらせておく[/point_box1]

10日ぐらい日程にゆとりがあると、引越し業者に依頼したり、
自分たちで段ボールを買うことも出来ます。

Amazonだと、翌日ぐらいには、段ボールが届くので、引越し日までには荷造りも間に合います。

Amazonの引越し用段ボールはこちら ⇒Amazon公式サイトを見る

実は、コレだけではありません!もっと大きなワナが・・・

荷造りばかりに頭がいってますが、実は、引越した後の事を考えないといけません。

引越し先で、荷物を新しく設置した家具などに入れていきます。

気づきましたか??

そうです。

荷物を全部、新居に搬入した後の段ボールが大量に残ります!!
この段ボールを処分しないといけません。。。

地域によって異なりますが、多くの場合、「資源ゴミ」として普通に処分出来ます。

ただし、この「資源ゴミ」の回収サイクルが問題です。

  • 週1回
  • 2週間に1回
  • 月1回

これは地域によって異なりますが、もし、月1回ならば・・・
それまで、家の中で保管を。。。
なんてことも。

最近はゴミ出しが厳しく、前もってゴミを出して、放置しておくという事が出来ません。
当日、朝出さなければいけないところが増えています。

分譲マンションでは最近、24時間出せるところもありますがそうでない場合は、
「資源ゴミ」の日を確認する必要があります。

片付けしたけど、せっかくの新居が、段ボールで・・・
なんてことにならないように。

実は、ここでポイントがあります。
引越し業者に無料でそのまま持って返ってもらう!

これが一番お得です。

当日いきなりお願いすると断られるパターンが多いですので、
これも見積もりを依頼する時に確認しましょう。

「引越し後、段ボールを無料で回収してくれますか?」

これを見積もり時に聞くだけです。

忘れないようにしましょう。
そうしないと、新居が段ボールまみれになりますよ。

Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

引越しをご検討中の方は、相場や見積りを確認してみましょう!

一括SUMO引越し見積もり 引越し一括見積もりで相場を確認!
電話番号の入力なし!!
大量の電話がかかってくる、ということがありません。
SUUMO引越し見積もりでは、引越し業者最大30社の中から相場の確認や優良業者への一括見積もりが出来ます。

お住まいな地域の優秀な引越し業者が見つかります。
SUMMO引越し見積もりでは、引越し業者の口コミも掲載されていて一目瞭然
引越し、荷造りに関する相談・見積もりをご希望の方は、こちらからお申込みください。
引越し業者を比較する

ーーーーー比較出来る引越し業者ーーーーー

SUMUMO引越し業者ロゴ